ダム・下水道・水処理・取水口・砂防堰・水槽等の沈砂沈殿物を最も省エネで回収できる設備。

技術の内容 L2014002078 雨樋を逆さにした状態の水路を沈殿物に埋没させ、一端に沈殿物上方に突出させた補助吸水口を設け、他端にポンプ、落差排出、サイホン排出管を接続して揚砂揚泥します。
L2012002216 上向きに開口させたスリット状の吸泥口をチューブ状のカバーで開閉できるように構成して、10M~50M長さ範囲の沈殿物を、適時開閉して回収します。
L2012003240 既設の砂防ダムの堰堤内壁面にスリット状吸砂口を設けた縦方向水路と、ダム底を上流に伸びる同様の水路を設けることにより、土石流後の降雨や流水に依り、ダム内堆砂を自然に流出しやすくしたシステム。
L2012003104 横流れ分離板方式の重力式分離装置です。
製品イメージ L2014002078 大量に沈殿物の発生する施設の沈殿物に適した、周辺水を濁ない揚泥技術であり、特に、落差、サイホン排水の可能な所では完全無動力排砂ができる。
L2012002216 長い距離範囲の沈殿物を濁らせずに回収除去する事が出来、カバーの開閉はゆっくりであり、動力が少なく、水中可動部品も少ない。
L2012003240 土石流の受応力と強度に優れた非透過型砂防堰をスリット型砂防堰以上の埋没寿命とする事ができ、既設、新設に付加する形で施工すことができるばかりでなく、ダム堆砂対策用迂回トンネル流入口施設とすることも出来る。
L2010003104 分離装置のコンパクト化を可能にする無動力分離装置です。
製品のお客様イメージ ダムにおける堆砂は、地球的に解決の急がれる問題であり、持続可能なダムの決め手である迂回トンネルを作っても、流砂礫石を上手く流入させる必要があります。
L2014002078 はダムの上流、中流、下流域で無動排砂を可能にし、
L2012002216 は上流、中流、下流域で使用でき、
L2012003240 は上流流入域で役立ち、
L2013001229 は下流堰堤近くの排泥に役立ちます。
又、これ等の技術は発電所ダムの取水口、灌漑用水、上水道の河川取水口や沈砂処理に必要である。
下水道や産業廃水処理においては、沈砂池、沈降分離槽の沈砂汚泥回収に役立ちます。
L2010003104 無動力コンパクトな、凝集剤なし中間分離に役立ちます。
実施許諾対象企業イメージ オンリーワン技術で得意技術を深めたい、営業を安定させたい、とお考えの総合建設業、ゼネラルコンサルタント、機械設備企業、しゅんせつ業者に御活用頂きたい。
又、当方と提携関係を作ることで、炭坑時代から蓄積した揚砂揚泥の実績技術、特に製鉄所におけるポンプによる鉄スケール除去システムは、国内最多実績と自負でき、多くの特許技術と幅広い分野で得たノウハウがあり、御重宝頂けると考えます。
尚、一部技術は自社製品に使用しております。

各技術の詳細

出願番号
特願平11-217684
公開番号
特開2001-009209
登録番号
第3895505号
出願番号
特願平11-194860
公開番号
特開2000-345607
登録番号
第3961722号
出願番号
特願2011-276565
公開番号
特開2013-127162
登録番号
 
J-Plat Pat
出願番号
特願2004-139234
公開番号
特開2005-288428
登録番号
第4421937号
出願番号
特願2011-051762
公開番号
特開2012-188829
登録番号
 
J-Plat Pat
Page Top
L31