振込・カード支払いにおける防犯対策

技術の内容 ・暗唱番号入力の際に、覗き見が行われていると判定された場合に、操作者に覗き見が行われていることを通知し、入力を中断することができる。(L2017001699)
・振込を実施している最中に操作者の動作を撮影し、携帯電話を使用していると判定した場合、携帯電話を不使用にすることで振込詐欺などの犯罪を防止することができる。(L2017001691)
・振込カードを利用した振込において、カードに予め設定したセキュリティコードと振込を行う機器で生成したセキュリティコードを照合することで安全性を向上させ、振込詐欺を防止することができる。(L2018001859)
製品イメージ 振込やカードでの支払いの際に、暗証番号の覗き見防止や、振込詐欺の防犯対策を行うことで、利用者の安全性を高めることができる。
製品のお客様イメージ 以下の企業
・金融機関
・カードで支払いができる小売店
実施許諾対象企業イメージ 銀行やコンビニエンスストアなどの、ATMを設置している実店舗や、小売店などカード決済のサービスを提供している事業者。

各技術の詳細

出願番号
特願2009-016648
公開番号
特開2010-176278
登録番号
第5275832号
出願番号
特願2009-076538
公開番号
特開2010-231361
登録番号
第5260377号
出願番号
特願2009-298627
公開番号
特開2011-138370
登録番号
第5501756号
Page Top
L31