RFIDリーダライタにおける通信制御に特徴のある特許をまとめたもの。

技術の内容 ・RFIDタグへの送信時刻と受信時刻から、リーダライタとRFIDタグまでの距離を測定し、RFIDタグの位置を演算することができる。(L2020001326)
・チャネルの周波数を制御し、隣接チャネル干渉を最小化することで安定した通信が可能な周波数を判定することができる。(L2018001872)
・RFIDリーダライタが、他のリーダライタ装置と同一のチャネルを利用している場合に、受信レベルを制御し通信に最適なチャネルを決定することができる。(L2020002580)
・タグ応答検出感度が低下した場合に、応答待ち時間の間にノイズを制御し、誤検出の可能性を低下させる。(L2018002293)
・バーコードスキャナとRFIDリーダライタの両方を実装し、筐体を小型化することで、商品管理を円滑に行うことができる。(L2019000544)
製品イメージ 多くの商品が入荷しても、素早い検品が可能である。
大勢の買い物客がいても、レジでの待ち時間を少なくすることができる。
製品のお客様イメージ 大型店舗に買い物に訪れる買い物客。
従業員数の多い企業や、大型倉庫やコンテナを抱える企業。
実施許諾対象企業イメージ 以下の企業
・多くの商品を扱う小売業
・固定資産を効率よく管理したいと考えている企業
・物や人の流れを分析することで、業務の最適化を検討している企業

各技術の詳細

出願番号
特願2009-080787
公開番号
特開2010-228896
登録番号
第5580999号
出願番号
特願2011-068828
公開番号
特開2012-205138
登録番号
第5475713号
出願番号
特願2011-073535
公開番号
特開2012-208716
登録番号
第5498984号
出願番号
特願2011-100420
公開番号
特開2012-234243
登録番号
第5514151号
出願番号
特願2011-261743
公開番号
特開2013-114550
登録番号
第5645800号
Page Top
L31