板ばね式カップリングの伝達トルクアップ

技術の内容 板ばね式カップリングのパッケージ技術の内容は、以下の通りです。大まかな用途を付記しました。
・特許第4987158号:たわみ板該たわみ板を用いた板ばね式フレキシブルカップリング
・特許第5903737号:たわみ板フランジの一体構造及び円筒部構造体、それを用いたたわみ板及び板ばね式フレキシブルカップリング及びそれを備えた機械装置
小型・中型カップリングの用途
・特許第6205655号:改良インテグラルフランジ、それを用いた薄板金属ディスクのカップリング、それを備えた機械装置
中型・大型カップリングの用途
・特許第6093960号:ねじり方向限度装置、それを用いた板ばね式フレキシブルカップリング、それを備えた機械装置
大型フレキシブルカップリングにとって新たとなる負荷係数選定によらない瞬時最大許容トルクのアップが必要となる電気用途(従来リジットカップリングの用途)
製品イメージ 特許第5903737号の発明は、小型・中型のJISB1453ギヤカップリング両並形相当の設定に役立ちます(反転ハブ構造)。従来劣っていた伝達トルクは、伝達トルクアップにより改善され、芯違い吸収時の反力は、低減されます。
特許第6205655号の発明は、中型・大型の板ばね式カップリングの設定に役立ちます(アダプターハブ構造及び反転ハブ構造)。発明は、ハブを構成に持たない主軸一体のインテグラルフランジに関するものですが、ハブを構成に持つ構造へ無理なく適用できます。
特許第6093960号の発明は、従来パワープラントへ多く用いられているリジットカップリングの分野への適用を可能とする瞬時最大許容トルクの100%増を可能としたねじり方向に強固に噛み合いたわみ板及びたわみ板用のボルトを破損から防護する限度装置です。
製品のお客様イメージ 板ばね式フレキシブルカップリングの許容軸方向変位及び偏角は、両方の許容最大値を同時に吸収することはできませんので、駆動側主軸が比較的高温となるスラスト軸受背面配置(両側各ハウジングのキングピン位置は正面配置)の原動装置である場合、通常軸方向変位側に着目し運転開始時の主軸熱膨脹を見込んだオフセット据付が行われます。
暖気運転中は、トルク(伝達トルク応力)及び速度(遠心応力)が少ないので過渡的に±140%許容軸方向変位が適用されます。数時間の暖気運転を経て、遅れて熱膨脹するハウジングの伸長を確認して(許容軸方向変位が±100%以内より中立点側へ収束するのを確認して)から本運転に入ります。
レーザー波等を用いた監視用の変位測定装置の設置が推奨されます。
 前述の特許第5903737号及び特許第6205655号の発明では、使用するたわみ板が14本ボルトたわみ板(許容偏角0.195°)までであり、たわみ板バネ反力は過大にはなりません。
特許第6093960号の発明で使用する16本ボルトたわみ板ではバネ反力が過大となり得ますので事前確認して下さい。
実施許諾対象企業イメージ 原動装置メーカー殿、機械又は電気装置メーカー殿、カップリングメーカー殿等全般を対象としています。

各技術の詳細

出願番号
特願2011-225826
公開番号
特開2013-036602
登録番号
特許4987158
出願番号
特願2014-020946
公開番号
特開2015-117819
登録番号
特許5611477
出願番号
特願2015-138358
公開番号
特開2016-138652
登録番号
特許5903737
出願番号
特願2016-143901
公開番号
登録番号
特許6093960
J-Plat Pat
出願番号
特願2017-023757
公開番号
登録番号
特許第6205655
J-Plat Pat
Page Top
L31