周波数選択素子、及び周波数選択方法

開放特許情報番号
L2024001541
開放特許情報登録日
2024/7/8
最新更新日
2024/7/8

基本情報

出願番号 特願2022-108550
出願日 2022/7/5
出願人 学校法人 関西大学
公開番号 特開2024-007221
公開日 2024/1/18
発明の名称 周波数選択素子、及び周波数選択方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 周波数選択素子、及び周波数選択方法
目的 様々な周波数成分を含む音波から所望の周波数成分のみを選択的に検出する。
効果 様々な周波数成分を含む音波から所望の周波数成分のみを選択的に検出することができる。
技術概要
所望の周波数成分を取り出す周波数選択素子であって、
音波を入力する入力窓を一端に有し、第1空間を有する第1筐体と、
前記第1筐体に重なって位置し、前記入力窓が位置する側とは反対側において前記第1空間から前記音波が入力される第2空間を有する第2筐体と、
を有する筐体と、
前記第1空間と前記第2空間との間に配置され、前記入力窓側に位置する基端と、前記基端とは反対側の先端とを有する弾性膜と、
を備え、
前記弾性膜は、
前記基端から前記先端に向かうにつれ幅が漸次広くなる第1弾性膜と、
前記第1弾性膜の前記先端側の端部から連続し、前記先端に向かうにつれ幅が漸次狭くなる第2弾性膜と、
を有している
周波数選択素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 関西大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2024 INPIT