デンプンまたはグリコーゲン検出用試薬およびキット、デンプンまたはグリコーゲンの検出方法、ならびに新規の化合物

開放特許情報番号
L2024001504
開放特許情報登録日
2024/6/18
最新更新日
2024/6/18

基本情報

出願番号 特願2022-192282
出願日 2022/11/30
出願人 国立研究開発法人理化学研究所
公開番号 特開2023-111841
公開日 2023/8/10
発明の名称 デンプンまたはグリコーゲン検出用試薬およびキット、デンプンまたはグリコーゲンの検出方法、ならびに新規の化合物
技術分野 情報・通信、化学・薬品、有機材料
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 デンプンまたはグリコーゲン検出用試薬およびキット、デンプンまたはグリコーゲンの検出方法、ならびにこれらに利用可能な新規の化合物
目的 生細胞中のデンプンを可視化することができる技術を提供する。
効果 生細胞中のデンプンを可視化することができる技術を提供することができる。さらに、本発明の一態様によれば、生細胞中のグリコーゲンを可視化することができる技術を提供することができる。
技術概要
下記一般式(I)で示される化合物を含む、デンプンまたはグリコーゲン検出用試薬。
【化1】
(式(I)中、
R↑1は、それぞれ独立に水素原子、ハロゲン原子またはC↓1〜C↓5アルキル基であり、
R↑2は、
【化2】
を表し、
R↑3は、硫黄原子または酸素原子であり、
R↑3が硫黄原子である場合、R↑4は、C↓1〜C↓5アルキルエーテル基、C↓2〜C↓5アルケニルエーテル基、C↓2〜C↓5アルキニルエーテル基、C↓3〜C↓5シクロアルキルエーテル基、C↓3〜C↓5シクロアルケニルエーテル基、C↓1〜C↓5アルキルベンジルエーテル基、C↓1〜C↓5アルキルスルファニル基、C↓2〜C↓5アルケニルスルファニル基、またはC↓2〜C↓5アルキニルスルファニル基、であり、
R↑3が酸素原子である場合、R↑4は、C↓1〜C↓5アルキルエーテル基、C↓2〜C↓5アルケニルエーテル基、またはC↓2〜C↓5アルキニルエーテル基であり、
R↑4に含まれている水素原子のうち少なくとも1つが、重水素またはハロゲン原子に置換可能である。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2024 INPIT