クモ糸タンパク質を光合成細菌にて発現させるためのヌクレオチド構築物

開放特許情報番号
L2024001503
開放特許情報登録日
2024/6/18
最新更新日
2024/6/18

基本情報

出願番号 特願2023-097595
出願日 2018/10/24
出願人 国立研究開発法人理化学研究所
公開番号 特開2023-116685
公開日 2023/8/22
発明の名称 クモ糸タンパク質を光合成細菌にて発現させるためのヌクレオチド構築物
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 クモ糸タンパク質を光合成細菌にて発現させるためのヌクレオチド構築物また該構築物を含む光合成細菌、及び該光合成細菌を用いたクモ糸タンパク質の製造方法
目的 合成コストを抑えてクモ糸タンパク質を製造することを、可能とする。
効果 宿主に給餌することなく、クモ糸タンパク質を製造することができるため、合成コストを抑えることが可能となる。
技術概要
光合成細菌においてタンパク質発現を誘導し得るプロモーターに機能的に連結された、クモ糸タンパク質をコードするヌクレオチドを含み、
前記光合成細菌が紅色光合成細菌であり、
前記プロモーターがTac1プロモーターであり、
前記クモ糸タンパク質がスピドロインタンパク質であり、かつ
前記光合成細菌において前記クモ糸タンパク質を発現させるための、ヌクレオチド構築物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2024 INPIT