光音響顕微鏡及び光音響計測方法

開放特許情報番号
L2024001489
開放特許情報登録日
2024/6/14
最新更新日
2024/6/14

基本情報

出願番号 特願2022-154072
出願日 2022/9/27
出願人 国立研究開発法人理化学研究所
公開番号 特開2024-048176
公開日 2024/4/8
発明の名称 光音響顕微鏡及び光音響計測方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 光音響顕微鏡及び光音響計測法
目的 光音響顕微鏡が提供される。光音響顕微鏡は、近赤外光源から出射した近赤外光を計測対象に照射する照明光学系と、前記計測対象が近赤外光を吸収したことにより前記計測対象で発生した音響波を検出する音響波センサと、
音響波センサと前記計測対象との間に設けられた音響整合材と、を備える。前記音響整合材は、前記照明光学系から前記計測対象に照射される近赤外光の光路中に設けられ、近赤外の波長域における光吸収率が予め定められた値より低い液体である。
効果 反射型コリメータ110は入射光を反射することによってコリメートするので、異なる波長の照射光を使用する場合でも、波長の違いによって光軸AX方向で焦点がずれることを抑制することができる。
技術概要
近赤外光源から出射した近赤外光を計測対象に照射する照明光学系と、
前記計測対象が近赤外光を吸収したことにより前記計測対象で発生した音響波を検出する音響波センサと、
前記音響波センサと前記計測対象との間に設けられた音響整合材と、
を備え、
前記音響整合材は、前記照明光学系から前記計測対象に照射される近赤外光の光路中に設けられ、近赤外の波長域における光吸収率が予め定められた値より低い液体である
光音響顕微鏡。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2024 INPIT