過酸化脂質生成抑制剤

開放特許情報番号
L2024001484
開放特許情報登録日
2024/6/14
最新更新日
2024/6/14

基本情報

出願番号 特願2021-516052
出願日 2020/4/16
出願人 株式会社古川リサーチオフィス
公開番号 WO2020/218148
公開日 2020/10/29
登録番号 特許第7333968号
特許権者 株式会社古川リサーチオフィス
発明の名称 過酸化脂質生成抑制剤
技術分野 食品・バイオ
機能 その他
適用製品 機能性食品,医薬品
目的 健康長寿。
熱中症など過酸化脂質が生じる疾患,症状の予防,治療
効果 ストレス条件下での過酸化脂質の生成が抑制できる。
技術概要
ブロイラーの暑熱ストレスモデルで,熱中症の指標となる過酸化脂質の上昇抑制効果を見出した。オロト酸による消費酸素量の低減効果を見出しており,ミトコンドリアからのROS低減がその作用機序と推測され,フェロトーシスの防止にも広く活用が期待される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 応相談

アピール情報

アピール内容 作用機序としてはオロト酸の抗酸化作用ではなく,ミトコンドリアからのROSの発生低減効果と考えられる新規なメカニズム。
オロト酸から生成するピリミジンは損傷を受けた細胞の修復に最も重要な栄養素で,癌細胞ではデヒドロオロテートオロテートデヒドロゲナーゼの高発現が知られており,過酸化脂質低減効果と併せて,オロト酸によるフェロトーシスへの効果も期待される。

登録者情報

技術供与

掲載された学会誌 【有】
掲載学会誌名1 Metabolites 2020 10,189

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2024 INPIT