焼酎/日本酒醸造に適した分裂酵母Schizosaccharomyces japonicus Kumadai株の作成

開放特許情報番号
L2024000706
開放特許情報登録日
2024/4/4
最新更新日
2024/4/4

基本情報

出願番号 特願2020-067255
出願日 2020/4/3
出願人 国立大学法人 熊本大学
公開番号 特開2021-159045
公開日 2021/10/11
発明の名称 焼酎/日本酒醸造に適した分裂酵母Schizosaccharomyces japonicus Kumadai株の作成
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造、材料・素材の製造
適用製品 吟醸香成分高生産分裂酵母およびその利用
目的 突然変異誘発法により、分裂酵母 S. japonicusの新規育種株を提供する。当該新規育種株を用いた、良好な香味を有する飲食品の製造方法を提供する。
効果 分裂酵母Schizosaccharomyces japonicusの吟醸香成分高生産株を提供することができる。吟醸香成分高生産株を用いることにより、良好な香味を有する飲食品を製造することができる。アルコール飲料の醸造に適した性質を有しており、従来の醸造用酵母を用いた酒とは異なった味や風味の酒を製造することができる。それにより、製造される酒の味や風味の多様性を高めることができる。
技術概要
分裂酵母シゾサッカロミセス・ジャポニカスのセルレニン耐性株であって、分裂酵母シゾサッカロミセス・ジャポニカス野生株と比較してカプロン酸エチル生産能が向上している、分裂酵母。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 国立大学法人熊本大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2024 INPIT