非接触バイタルサイン計測装置、非接触バイタルサイン計測方法およびプログラム

開放特許情報番号
L2024000250
開放特許情報登録日
2024/2/9
最新更新日
2024/2/9

基本情報

出願番号 特願2019-104201
出願日 2019/6/4
出願人 国立大学法人電気通信大学
公開番号 特開2020-195647
公開日 2020/12/10
発明の名称 非接触バイタルサイン計測装置、非接触バイタルサイン計測方法およびプログラム
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 非接触バイタルサイン計測装置、非接触バイタルサイン計測方法およびプログラム
目的 非接触でのバイタルサインの計測が、リアルタイムで良好に行える非接触バイタルサイン計測装置、非接触バイタルサイン計測方法およびプログラムを提供する。
効果 少ない計算量で手動での調整も必要とせずに、精度の高いバイタルサインの非接触での計測が、リアルタイム性を持って行えるようになる。特にレーダ出力の実数成分と虚数成分のそれぞれから変動成分を除去した上で、復調するようにしたことで、簡単な復調処理で変動成分が除去されたバイタルサイン成分がリアルタイムで得られるようになる。
技術概要
被験者に照射した信号の反射波によるレーダ出力を取得するレーダ出力取得部と、
距離センサにより得た前記被験者までの距離の計測信号を取得する距離センサデータ取得部と、
前記距離センサデータ取得部が取得した計測信号から変動成分を抽出する不規則成分抽出部と、
前記レーダ出力取得部が取得したレーダ出力から、実数成分および虚数成分を抽出する実数成分抽出部および虚数成分抽出部と、
前記実数成分抽出部および虚数成分抽出部で得た実数成分および虚数成分から、前記不規則成分抽出部が抽出した変動成分を除去する演算を行う演算処理部と、
前記演算処理部での演算で前記変動成分が除去された実数成分および虚数成分のレーダ出力を復調する復調部と、
前記復調部で得られた復調信号を周波数解析して、バイタルサイン成分を得る周波数解析部と、を備える
非接触バイタルサイン計測装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2024 INPIT