ストロー

開放特許情報番号
L2023001696
開放特許情報登録日
2024/1/22
最新更新日
2024/1/22

基本情報

出願番号 特願2014-110593
出願日 2014/5/28
出願人 アサヒグループホールディングス株式会社
公開番号 特開2015-223363
公開日 2015/12/14
登録番号 特許第5652978号
特許権者 アサヒグループホールディングス株式会社
発明の名称 ストロー
技術分野 生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 ストロー
目的 複数(例えば二つ)の管体を連結して一本のストローとしたものにおいて、容器内の飲み残しの飲料の流出を防止するための新規な構成を提案する。
効果 内側ストローを曲げやすい構成を実現できる。また、へこみ部において流路を狭くすることができ、屈折部に飲料が到達し難くなって、内側ストローを通じた飲料の漏れをより効果的に防止できる。
技術概要
容器の外側に配設される飲み口部を有する外側ストローと、
前記容器の内側に挿入される先端部を有する内側ストローと、を接続して一連の流路を形成するストローにおいて、
前記外側ストローに対する前記内側ストローの被挿入部が前記外側ストローとともに折り曲げられた際に屈折部が形成され、
前記屈折部によって前記内側ストローの流路が閉鎖される、ストローであって、
前記外側ストローは前記容器の外側に配設される被屈曲部を少なくとも有し、
前記被屈曲部内において、前記内側ストローに前記屈折部が形成され、
前記外側ストローは、前記被屈曲部を介して飲み口部と反対側に配設されるストレート部を有し、
前記ストレート部の内壁において、内側ストローの外壁部を押圧するための突起部が設けられ、
前記内側ストローが前記突起部により押圧されて前記内側ストローが変形してへこみ部が形成され、
前記へこみ部に応力が生じることで、変形前の状態と比較して前記内側ストローを軽い力で折り曲げて前記屈折部を形成することを可能とする、
ストロー。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2024 INPIT