プルプロガリンの製造方法およびプルプロガリンの精製方法

開放特許情報番号
L2023001603
開放特許情報登録日
2023/12/11
最新更新日
2023/12/11

基本情報

出願番号 特願2021-041673
出願日 2021/3/15
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2022-141393
公開日 2022/9/29
発明の名称 プルプロガリンの製造方法およびプルプロガリンの精製方法
技術分野 金属材料、有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 プルプロガリンの製造方法およびプルプロガリンの精製方法
目的 収率が高いプルプロガリンの製造方法およびプルプロガリンの精製方法を提供する。
効果 収率が高いプルプロガリンの製造方法およびプルプロガリンの精製方法を提供することができる。
技術概要
ピロガロールが溶解した電解液に電極を浸漬し、
前記電極を浸漬した後に、前記電極間に0.9V以下、または1.1V以上電圧を印加し、
前記ピロガロールを電気化学的に酸化し、プルプロガリンを製造する、プルプロガリンの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2023 INPIT