ジャガイモシロシストセンチュウ検出用オリゴヌクレオチド

開放特許情報番号
L2023001593
開放特許情報登録日
2023/12/11
最新更新日
2023/12/11

基本情報

出願番号 特願2021-199384
出願日 2021/12/8
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2023-084968
公開日 2023/6/20
発明の名称 ジャガイモシロシストセンチュウ検出用オリゴヌクレオチド
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 ジャガイモの重要害虫である、生存しているジャガイモシロシストセンチュウの検出方法
目的 生存しているジャガイモシロシストセンチュウ(Gp)だけを効率的に検出できる方法を提供する。
効果 ジャガイモの重要害虫である、生存しているジャガイモシロシストセンチュウ(Gp)を簡便且つ特異的に検出することができる。
技術概要
以下の(1)及び(2)のプライマーを含む、ジャガイモシロシストセンチュウ(Globodera pallida)に特異的な塩基配列をRT-PCRにより増幅し、生存しているジャガイモシロシストセンチュウを特異的に検出するためのプライマーセット。
(1)配列番号1記載の塩基配列から成るプライマー;及び
(2)配列番号2記載の塩基配列から成るプライマー。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2023 INPIT