着陸判断支援システム、着陸判断支援方法、及び着陸判断支援プログラム

開放特許情報番号
L2023001503
開放特許情報登録日
2023/11/30
最新更新日
2023/11/30

基本情報

出願番号 特願2017-114428
出願日 2013/9/12
出願人 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2017-162514
公開日 2017/9/14
登録番号 特許第6473979号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 着陸判断支援システム、着陸判断支援方法、及び着陸判断支援プログラム
技術分野 情報・通信、輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 着陸判断支援システム、着陸判断支援方法、及び着陸判断支援プログラム
目的 専門家以外の一般ユーザであっても航空機着陸の判断に有用な情報を容易かつ的確に読み取ることが可能な着陸判断支援システム、着陸判断支援方法、及び着陸判断支援プログラムを提供する。
効果 気象学等の専門的なスキルを有さない運航管理者やパイロット等の一般ユーザであっても、航空機着陸の判断に関連性の深い情報を容易かつ的確に読み取ることができる。
技術概要
航空機着陸の判断を支援する情報を提供する着陸判断支援システムであって、
表示部に表示する各種画面を生成する画面生成部と、画面生成部により生成された各種画面を表示部に表示させる表示制御部とを有し、
画面生成部は、着陸経路上における、滑走路方向に沿った風速の正対風成分の高度に対する変化を示すグラフを含むグラフ画面を生成するグラフ画面生成部と、着陸経路上における、所定高度ごとの風速の正対風成分を示す表を含む表形式画面を生成する表形式画面生成部とを含み、
グラフ画面に含まれるグラフおよび表形式画面に含まれる表は、気象センサによって取得された着陸経路上の複数の所定高度における風向データおよび風速データを基に生成されたものであり、
グラフ画面に含まれるグラフは、指定高度以下における、最新の前記正対風成分の変化、および、過去の正対風成分の変化の両方を同一グラフ内に表したものであり、
表形式画面に含まれる表は、指定高度以下における、最新の正対風成分、および、過去の正対風成分を示すものであり、
表示制御部は、グラフ画面と前記表形式画面とを、表示部に並べて表示させることを特徴とする着陸判断支援システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2023 INPIT