変状度判定方法及び変状度判定システム

開放特許情報番号
L2023001499
開放特許情報登録日
2023/11/30
最新更新日
2023/11/30

基本情報

出願番号 特願2016-110297
出願日 2016/6/1
出願人 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2017-215248
公開日 2017/12/7
登録番号 特許第6179911号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 変状度判定方法及び変状度判定システム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 地表面上の対象物の変状度を判定する方法、システム
目的 地上の対象物の測定や判定を効率的かつ精度高く行うことができる、変状度判定方法及び変状度判定システムを提供する。
効果 人工衛星等のリモートセンシング技術による測定結果を利用する変状度の判定技術を導入することで、広範囲を一括で観測するという効率化によりコスト低減が図られるとともに、均質な判定方法により調査者の技量に依らない変状度判定が可能となる。
技術概要
干渉合成開口レーダを用いて測定される構造物又は設置物の対象部の変位量を取得する工程と、
前記対象部の変位量から、前記対象部の判定基準からの高さを決定する工程と、
前記対象部の判定基準からの高さと、データベースに記憶された前記対象部の判定基準からの高さの許容下限値とを比較し、危険度レベルを判定する工程と
を備える、危険度判定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2024 INPIT