負極集電体用銅箔の製造方法

開放特許情報番号
L2023001481
開放特許情報登録日
2023/12/18
最新更新日
2023/12/18

基本情報

出願番号 特願2012-522651
出願日 2011/6/29
出願人 三井金属鉱業株式会社
公開番号 WO2012/002418
公開日 2012/1/5
登録番号 特許第5898616号
特許権者 三井金属鉱業株式会社
発明の名称 負極集電体用銅箔の製造方法
技術分野 金属材料、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 負極集電体用銅箔の製造方法
目的 より耐変色性に優れたクロメート皮膜を銅箔の表面に形成する処理方法に想到した。
効果 50℃95%RH雰囲気中で48時間保持できるレベルに改善できる。
技術概要
 
銅箔に防錆処理を施して二次電池の負極集電体用銅箔を製造する方法であって、
前記銅箔を、pHが4.5〜6.2、クロム濃度が0.3g/L〜7.2g/L、液温が15℃〜60℃のクロメート処理溶液を用いて浸漬処理又は電解処理した後に液切りし、30℃〜150℃の加熱空気を用いて乾燥させることで当該銅箔の表面にクロメート皮膜を形成することを特徴とする銅箔の製造方法。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2023 INPIT