世界初の全く新たな方式による多眼カメラと多眼カメラ用認識機能、また任意数で任意配置の単眼カメラを使用した多眼カメラ用認識機能、フラッシュメモリ用フォールトトレラント機能他、及びそれらを装備した自動運転制御システム

開放特許情報番号
L2023001250
開放特許情報登録日
2023/10/19
最新更新日
2024/5/22

基本情報

出願番号 特願2022-003619
出願日 2022/1/13
出願人 杉田 誠一
公開番号 特開2023-108070
公開日 2023/8/4
登録番号 特許第7315988号
特許権者 杉田 誠一
発明の名称 移動体の走行制御システム
技術分野 電気・電子、輸送、その他
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、その他
適用製品 自動運転システム、自動運転での周辺画像認識装置、汎用画像認識装置、特に従来のステレオカメラや水平多眼カメラで認識の出来なかった場面での画像認識装置など。また、SSD等のフラッシュメモリーを使用するあらゆるシステムに於けるメモリー破損時のデータ保護など。
目的 従来からのステレオカメラ方式では左右のカメラ画像から各特徴点の視差を求めて、その視差から各特徴点の距離を測定していたが条件によっては視差を正しく取得できずに距離測定ができないことが多々あった。本発明は、特に3眼カメラによる認識、測定を実現する為におこなわれた方式であり、視差ではなく全取得画像の重畳、交差と面照合による認識を実現した為、4眼以上のカメラでの認識をも可能とした。なお本発明は水平多眼カメラへの適用も可能ではあるが従来の水平多眼カメラでの欠点の一部は残る。また記憶装置の破損時のデータ保護も実現。
効果 多眼カメラによる取得画像全体の光学的な位置関係から距離を求める方式であり、視差の探索を必要とせず、多方向からの全取得画像の重畳、交差と面照合により距離を測定するものであり、多眼カメラの画像処理を全て同時におこなうと伴に、従来方式のステレオカメラ、多眼カメラでは測定できなかった道路形状測定や白線等の測定等も可能とした。またフラッシュメモリを使用した記憶装置のフォールトトレラント機能として従来のRAIDを使用した場合には全記憶装置の寿命を縮めると同時にRAID本来の機能を発揮できなかったのに代わる新方式を実現。
技術概要
本発明は、従来からの自動運転車による事故のニュース、公開データを独自に調査、検討、解析をおこない、従来の自動運転に於ける画像解析の問題点を抽出し、その解決策として発明したものであり、今後の画像認識の基礎になっていくものと考えている。
なお、今回の発明と同様のことを蜘蛛が行なっているものと考えている。
また、今回の解析の中で、人間の眼による認識にも欠陥があることを発見した。人間の場合、私の経験では、この欠陥に遭遇すると軽い目眩を感じ、無性に眼を閉じたくなったり、眼を逸らしたくなったが、それを我慢して発見に至った。
今回の発明は、これに関する対策としても有効で有る。
人間もこの欠陥に対しての対策を取ってはいる為、この欠陥は滅多に感知することは出来ない。人間の脳が取っている対策というのは、名付ければ超時空間解析と言えば良いのだろうか。現状の技術では、処理手法も、処理能力も人間の脳と同程度のことをおこなうには、あと、数十年から100年くらい掛かるのでは無いかと推測する。
この発明を効果的に使い熟すのは、非常に難しいが、徐々に資料を用意する予定で有る。
この発明により、1つでも事故が減ることを期待してやまない。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
希望譲渡先(国内) 【可】 

登録者情報

登録者名称 杉田 誠一

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
試作品評価 【否】
設備売却の意思 【無】
設備購入ルート
自社ルート提供 【否】
設備メーカ紹介 【否】
販売ルート
自社ルート提供 【否】
販売会社紹介 【否】
Copyright © 2024 INPIT