漏出検出装置

開放特許情報番号
L2023000016
開放特許情報登録日
2023/1/19
最新更新日
2023/1/19

基本情報

出願番号 特願2020-077407
出願日 2020/4/24
出願人 国立大学法人浜松医科大学
公開番号 特開2021-171302
公開日 2021/11/1
発明の名称 漏出検出装置
技術分野 化学・薬品
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 漏出検出装置
目的 広範な種類の薬液の血管からの漏れを高精度に検出することができる漏出検出装置を提供する。
効果 漏出検出装置は、1450nmの波長の光線を含む検出用光線を腕における薬液の注入部分に照射するとともに、この照射光の反射光を用いて注入部分の周辺画像を表示装置上に表示して薬液の漏出状態を検出できるようにしている。これにより、漏出検出装置においては、広範な種類の薬液の血管からの漏れを高精度に検出することができる。
技術概要
生体の表層に存在する血管に注入されるべき薬液の同血管からの漏れを検出する漏出検出装置であって、
前記生体における前記薬液の注入部分に1450nmの波長の光線を含む検出用光線を照射する光線照射手段と、
前記薬液の注入部分に照射された前記検出用光線を検出して検出量に応じた検出信号を出力する光線検出手段と、
前記光線検出手段が出力する前記検出信号を用いて前記薬液の注入部分における前記検出用光線の検出結果を出力する検出結果出力手段とを備えることを特徴とする漏出検出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT