ミトコンドリア膜透過性遷移孔(mPTP)の開口阻害剤、mPTP開口阻害活性を有する新規化合物及びそれらの用途

開放特許情報番号
L2022002075
開放特許情報登録日
2022/12/26
最新更新日
2022/12/26

基本情報

出願番号 特願2019-112568
出願日 2019/6/18
出願人 国立研究開発法人理化学研究所
公開番号 特開2020-203859
公開日 2020/12/24
発明の名称 ミトコンドリア膜透過性遷移孔(mPTP)の開口阻害剤、mPTP開口阻害活性を有する新規化合物及びそれらの用途
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 ミトコンドリア膜透過性遷移孔(mPTP)の開口阻害剤、mPTP開口阻害活性を有する新規化合物及びそれらの用途
目的 高いmPTP開口阻害活性、及び/又は様々な疾患に対する有用な治療効果を有する新規化合物を提供する。
効果 高いmPTP開口阻害活性、及び/又は様々な疾患に対する有用な治療効果を有する新規化合物を提供することが可能となる。
技術概要
式(I):
【化1】

で表される化合物、その立体異性体、そのプロドラッグ若しくはそれらの製薬上許容される塩、又はそれらの製薬上許容される溶媒和物を有効成分として含む、ミトコンドリア膜透過性遷移孔(mPTP)の開口阻害剤。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT