信号処理装置、表示装置、撮像装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2022001887
開放特許情報登録日
2022/11/22
最新更新日
2022/11/22

基本情報

出願番号 特願2018-147230
出願日 2018/8/3
出願人 日本放送協会、一般財団法人NHKエンジニアリングシステム
公開番号 特開2020-022147
公開日 2020/2/6
登録番号 特許第7096731号
特許権者 日本放送協会、一般財団法人NHKエンジニアリングシステム
発明の名称 信号処理装置、表示装置、撮像装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 信号処理装置、表示装置、撮像装置及びプログラム
目的 映像信号にシステムガンマ処理を施す際に、色の違いに応じた明るさの変化を抑制可能な信号処理装置、表示装置、撮像装置及びプログラムを提供する。
効果 映像信号にシステムガンマ処理を施す際に、色の違いに応じた明るさの変化を抑制することができ、高画質な表示を実現することができる。
技術概要
映像信号のRGB値を入力し、当該RGB値を三刺激値に変換する変換処理部と、
前記RGB値に基づいて、HK(ヘルムホルツ−コールラウシュ)値を算出し、当該HK値を10の値の指数とした演算を行い、第1演算結果を求めるHK算出処理部と、
前記HK算出処理部により求めた前記第1演算結果に、前記変換処理部により変換された前記三刺激値のうちの輝度を乗算し、等価輝度を求める第1乗算部と、
予め設定されたSG(システムガンマ)値を用いて、前記第1乗算部により求めた前記等価輝度の指数演算を行い、第2演算結果を求めるSG指数演算処理部と、
前記SG指数演算処理部により求めた前記第2演算結果に、前記RGB値を乗算し、システムガンマ処理後のRGB値を求める第2乗算部と、
を備えたことを特徴とする信号処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT