動物細胞の染色体上への外来遺伝子の挿入方法、動物細胞、外来遺伝子挿入用キット、ベクター、ガイドRNA、及びガイドRNA発現ベクター

開放特許情報番号
L2022001869
開放特許情報登録日
2022/11/21
最新更新日
2022/11/21

基本情報

出願番号 特願2020-190015
出願日 2020/11/16
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2022-079062
公開日 2022/5/26
発明の名称 動物細胞の染色体上への外来遺伝子の挿入方法、動物細胞、外来遺伝子挿入用キット、ベクター、ガイドRNA、及びガイドRNA発現ベクター
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 動物細胞の染色体上への外来遺伝子の挿入方法、動物細胞、外来遺伝子挿入用キット、ベクター、ガイドRNA、及びガイドRNA発現ベクター
目的 外来遺伝子の均一な発現を達成し得る、動物細胞の染色体上への外来遺伝子の挿入方法を提供する。また、外来遺伝子の均一な発現を達成し得る動物細胞、外来遺伝子挿入用キット、ベクター、ガイドRNA、及びガイドRNA発現ベクターを提供する。
効果 外来遺伝子の均一な発現を達成することができる。
技術概要
動物細胞のX染色体のZxdb遺伝子の上流領域に外来遺伝子を挿入する工程を含む、動物細胞の染色体上への外来遺伝子の挿入方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT