ポリフェノール鉄錯体カプセル、過酸化水素カプセル、フェントン反応キット及び魚介類の飼育又は病気治療方法

開放特許情報番号
L2022001809
開放特許情報登録日
2022/11/11
最新更新日
2022/11/11

基本情報

出願番号 特願2021-019327
出願日 2021/2/9
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2022-122169
公開日 2022/8/22
発明の名称 ポリフェノール鉄錯体カプセル、過酸化水素カプセル、フェントン反応キット及び魚介類の飼育又は病気治療方法
技術分野 機械・加工、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 ポリフェノール鉄錯体カプセル、過酸化水素カプセル、とを含有するフェントン反応キット及び前記カプセルを用いる魚介類の飼育又は病気治療方法
目的 既存のポリフェノール鉄錯体を改良し、ある程度の広さを有する環境中で使用する場合でも、安定した反応効率が得られるポリフェノール鉄錯体を提供する。
過酸化水素の反応性を長期間持続させる技術を提供する。
効果 従来のポリフェノール鉄錯体に比べて安定性が高く、環境の温度やpHの影響を受け難くすることができる。それゆえ、ある程度の広さを有する環境中でポリフェノール鉄錯体を使用する場合でも、安定した反応効率を得ることが可能となる。
技術概要
ポリフェノール鉄錯体がアルギン酸ゲルに封入されてなる、ポリフェノール鉄錯体カプセル。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT