HLAクラスIアレル欠失血球の検出方法

開放特許情報番号
L2022001777
開放特許情報登録日
2022/11/7
最新更新日
2022/11/7

基本情報

出願番号 特願2020-082761
出願日 2020/5/8
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2020-184992
公開日 2020/11/19
発明の名称 HLAクラスIアレル欠失血球の検出方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 HLAクラスIアレル欠失血球の検出方法及びそのためのキット
目的 HLAタイピングを行うことなしに、迅速、高感度、かつ安価にHLA-LLを検出する方法を提供し、以て骨髄不全の診療を飛躍的に向上させる。
効果 HLAタイピングを行うことなしに、簡便かつ高感度にHLA-LLを検出することができるので、HLAタイピングが必要な従来法と比べて、きわめて迅速かつ安価に骨髄不全の免疫病態を診断することができる。
技術概要
HLAタイプが未知の被験者から採取した血液由来のDNAにおける、HLA-A及び/又はHLA-B遺伝子のコード配列の19番目のヌクレオチドにおける機能喪失型変異を検出する工程を含む、HLAクラスIアレル欠失血球の検出方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT