マニピュレータ機能付き原子間力顕微鏡

開放特許情報番号
L2022001773
開放特許情報登録日
2022/11/7
最新更新日
2022/11/7

基本情報

出願番号 特願2019-149584
出願日 2019/8/19
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2021-032583
公開日 2021/3/1
発明の名称 マニピュレータ機能付き原子間力顕微鏡
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 原子間力顕微鏡
目的 試料に外部から力を加えることができるマニピュレータ機能付きの原子間力顕微鏡の提供。
効果 試料に外力を加えながら試料の形態や動態を観察することができる。
技術概要
探針を有するカンチレバーと、前記探針と試料の表面との間の原子間力によって生ずる相互作用量に基づいて、前記試料に関する情報を取得する原子間力顕微鏡であって、
前記探針と試料表面との相対的位置を制御するスキャンステージと、
前記試料に外力を加えるマニピュレータステージとを有することを特徴とするマニピュレータ機能付き原子間力顕微鏡。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT