溶液受粉に使用する花粉の除菌方法

開放特許情報番号
L2022001766
開放特許情報登録日
2022/11/7
最新更新日
2022/11/7

基本情報

出願番号 特願2021-030730
出願日 2021/2/26
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2022-131669
公開日 2022/9/7
発明の名称 溶液受粉に使用する花粉の除菌方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 果樹花粉用除菌剤、果樹花粉の除菌方法、及び人工受粉方法
目的 キウイフルーツ花粉などの果樹花粉の発芽率を高く維持しつつ十分な除菌効果を発揮する手段を提供する。
効果 果樹花粉の発芽率を高く維持しつつ、果樹花粉に対して十分な除菌を行うことができる。
また、除菌後の花粉をそのまま(除菌成分を取り除く作業をすることなく)人工受粉に使用することができる。
技術概要
過酸化水素若しくは過酢酸を含む水溶液、又はpH3.0以上の次亜塩素酸水からなることを特徴とする果樹花粉用除菌剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT