イネウンカ類に寄生する線虫の卵を保存する方法、イネウンカ類の防除方法、農薬の製造方法、生物農薬

開放特許情報番号
L2022001765
開放特許情報登録日
2022/11/7
最新更新日
2022/11/7

基本情報

出願番号 特願2021-200392
出願日 2021/12/9
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2022-132073
公開日 2022/9/7
発明の名称 イネウンカ類に寄生する線虫の卵を保存する方法、イネウンカ類の防除方法、農薬の製造方法、生物農薬
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 イネウンカ類に寄生する線虫の卵を保存する方法、イネウンカ類の防除方法、農薬の製造方法、及び生物農薬
目的 イネウンカ類に寄生する線虫の卵を、孵化率の低下を抑えて長期間保存する。
効果 イネウンカ類に寄生する線虫の卵を、孵化率の低下を抑えて長期間保存することができる。
技術概要
イネウンカ類に寄生する線虫の卵を保存する方法であって、
胚発生した前記卵を、胚発生状態を維持して保存する貯蔵工程を包含する、方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT