電波センサ、および電界成分検出装置

開放特許情報番号
L2022001747
開放特許情報登録日
2022/11/2
最新更新日
2022/11/2

基本情報

出願番号 特願2020-032711
出願日 2020/2/28
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2021-135221
公開日 2021/9/13
発明の名称 電波センサ、および電界成分検出装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 電波センサ、および電界成分検出装置
目的 奥行き方向の電界成分を検出することができる、電波センサ、および電界成分検出装置を提供する。
効果 奥行き方向の電界成分を検出することができる。
技術概要
基板と、
前記基板の表面に、第1の方向および第2の方向にアレイ状に形成された複数の第1の金属面と、
前記第1の金属面の間に、前記第1の方向に沿って接続された複数の第1の抵抗体と、
前記第1の金属面の間に、前記第2の方向に沿って接続された複数の第2の抵抗体と、
前記基板の裏面に形成された第2の金属面と、
前記第1の金属面のそれぞれから前記基板の裏面まで形成された複数のビア部と、
前記ビア部のそれぞれと前記第2の金属面との間に接続された複数の第3の抵抗体と、
を備える、電波センサ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT