うつ症状の予防、治療及び/又は緩和用組成物並びに運動量増加組成物

開放特許情報番号
L2022001715
開放特許情報登録日
2022/10/28
最新更新日
2022/10/28

基本情報

出願番号 特願2020-218866
出願日 2020/12/28
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2022-053441
公開日 2022/4/5
発明の名称 うつ症状の予防、治療及び/又は緩和用組成物並びに運動量増加組成物
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 うつ症状の予防、治療及び/又は緩和用組成物並びに運動量増加組成物
目的 うつ症状を示す疾患に対して治療又は予防効果を有する化合物を提供する。
効果 トマチジン若しくはトマチンまたはその薬理学的に許容される塩を含む組成物は、うつ症状の予防および/または治療用組成物となる。トマチン若しくはその薬理学的に許容される塩を含む組成物は、運動量増加組成物となる。
技術概要
トマト抽出物を有効成分として含有する、又は、トマチン又はその薬理学的に許容される塩を有効成分として含有する、うつ症状、不安症状及び/又は強迫性障害の予防、治療及び/又は緩和用組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT