情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム

開放特許情報番号
L2022001696
開放特許情報登録日
2022/10/26
最新更新日
2022/10/26

基本情報

出願番号 特願2021-040558
出願日 2021/3/12
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2022-139956
公開日 2022/9/26
発明の名称 情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
目的 ウイロイドの病原性をより迅速に評価することができる情報処理装置、情報処理方法、及びプログラムを提供する。
効果 ウイロイドの病原性をより迅速に評価することができる。
技術概要
宿主植物に対する病原性が既知である複数の第1ウイロイドの其々のゲノム塩基配列から複数の断片を生成する生成部と、
前記宿主植物のゲノム塩基配列上において、前記生成部によって前記第1ウイロイドのゲノム塩基配列から生成された各断片に対して相同性を有する塩基配列の位置を算出する第1算出部と、
前記第1算出部によって算出された前記宿主植物のゲノム塩基配列上の塩基配列の位置に基づいて、前記複数の第1ウイロイドの其々の特徴量を算出する第2算出部と、
前記第2算出部によって算出された前記特徴量に基づいて、前記複数の第1ウイロイドの中で、前記病原性が互いに同じ又は類似する第1ウイロイドを同一クラスタに分類する分類部と、
を備える情報処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT