有機アニオントランスポーターの機能を測定するための検査薬

開放特許情報番号
L2022001676
開放特許情報登録日
2022/10/25
最新更新日
2022/10/25

基本情報

出願番号 特願2021-011777
出願日 2021/1/28
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2022-115260
公開日 2022/8/9
発明の名称 有機アニオントランスポーターの機能を測定するための検査薬
技術分野 化学・薬品、有機材料
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 有機アニオントランスポーターの機能を測定するための検査薬
目的 簡便にOATPの取り込み能を評価できる検査薬を提供する。
効果 簡便にOATPの取り込み能を評価できる。本口薬の投与前に患者個々のトランスポーター機能を測定した上で経口薬の薬剤投与量を各患者で調整できる。
技術概要
次式(I):
【化1】
(式中、Xは放射性核種を表し、Rは水素原子又は炭素数1〜5のアルキル基を表す。)
で示される化合物を含有する有機アニオントランスポーターの機能を測定するための検査薬。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT