可視光応答型光触媒とその製造方法

開放特許情報番号
L2022001663
開放特許情報登録日
2022/10/20
最新更新日
2022/10/20

基本情報

出願番号 特願2021-041576
出願日 2021/3/15
出願人 学校法人 龍谷大学
公開番号 特開2022-141332
公開日 2022/9/29
発明の名称 可視光応答型光触媒とその製造方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 可視光応答型光触媒とその製造方法
目的 劇薬や保管取扱が難しい薬品を用いることなく、可視光における光触媒効果が高いリン酸銀Ag↓3PO↓4を安全かつ効率的に作製する製造方法を提供する。
効果 劇薬や保管取扱が難しい薬品を用いることなく、可視光における光触媒効果が高いリン酸銀Ag↓3PO↓4を安全かつ効率的に作製することができる。
技術概要
AgClとP↓2O↓5を混合する工程、および、
混合物を固相反応させる工程
を含む可視光応答型光触媒Ag↓3PO↓4の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人龍谷大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT