蓄電デバイス電極用集電体、その製造方法、及び蓄電デバイス

開放特許情報番号
L2022001580
開放特許情報登録日
2022/10/7
最新更新日
2022/10/7

基本情報

出願番号 特願2021-526925
出願日 2020/6/19
出願人 TPR株式会社
公開番号 WO2020/256115
公開日 2020/12/24
発明の名称 蓄電デバイス電極用集電体、その製造方法、及び蓄電デバイス
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 蓄電デバイス電極用集電体、その蓄電デバイス電極用集電体の製造方法、及びその蓄電デバイス電極用集電体を用いた蓄電デバイス
目的 ハイブリッドキャパシタやデュアルイオンバッテリなどの蓄電デバイスの電極に用いる集電体(蓄電デバイス電極用集電体)に着目し、蓄電デバイス電極用集電体に含まれている非晶質炭素被膜を高度化することで、さらなる高出力化を図り、高エネルギー密度を維持しつつ、出力特性が優れた蓄電デバイ
スを提供する。また、出力特性が優れた蓄電デバイスの電極用集電体、出力特性が優れた蓄電デバイスの電極用集電体の製造方法を提供する。
効果 蓄電デバイス電極用集電体に含まれている非晶質炭素被膜を高度化することにより、さらなる高出力化を図り、高エネルギー密度を維持しつつ、出力特性が優れた蓄電デバイスを提供することができる。また、出力特性が優れた蓄電デバイスの電極用集電体、出力特性が優れた蓄電デバイスの電極用集電体の製造方法を提供することができる。
技術概要
アルミニウム材と、
前記アルミニウム材に形成された非晶質炭素被膜と、
を含む蓄電デバイス電極用集電体であって、
前記非晶質炭素被膜において、sp↑2結合炭素及びsp3結合炭素の総量に対するsp↑2結合炭素の比率(sp↑2/(sp↑3+sp↑2))は0.35以上であって、
前記比率(sp↑2/(sp↑3+sp↑2))は、X線吸収微細構造(XAFS)法で測定したものである
ことを特徴とする蓄電デバイス電極用集電体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 TPR株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT