塩化ビニル樹脂耐熱改質用共重合体、成形体、塩化ビニル配管

開放特許情報番号
L2022001568
開放特許情報登録日
2022/10/3
最新更新日
2022/11/22

基本情報

出願番号 特願2015-011983
出願日 2015/1/26
出願人 デンカ株式会社
公開番号 特開2016-138156
公開日 2016/8/4
登録番号 特許第6475501号
特許権者 デンカ株式会社
発明の名称 塩化ビニル樹脂耐熱改質用共重合体、成形体、塩化ビニル配管
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 塩化ビニル樹脂耐熱改質用共重合体、塩化ビニル樹脂耐熱改質用共重合体と塩化ビニル樹脂からなる樹脂組成物、及びその樹脂組成物からなる成形体、塩化ビニル配管
目的 塩化ビニル樹脂の耐熱性を向上させ、且つ熱安定性も良好で外観に優れた成形品が得られることを可能にする塩化ビニル樹脂耐熱改質用共重合体を提供することであり、特に、耐熱性と熱安定性に優れ、良外観な塩化ビニル配管を提供する。
効果 塩化ビニル樹脂の耐熱性を向上させ、且つ熱安定性も良好で外観に優れた成形品を提供することが出来、また本発明の塩化ビニル配管は、配管部材に好適に利用することが出来る。
技術概要
 
芳香族ビニル単量体単位45〜85質量%、(メタ)アクリル酸エステル単量体単位5〜45質量%、不飽和ジカルボン酸無水物単量体単位10〜30質量%、及び共重合可能なビニル単量体としてのアクリロニトリル、メタクリロニトリル、アクリル酸、メタクリル酸、N−メチルマレイミド、N−エチルマレイミド、N−ブチルマレイミド、N−シクロヘキシルマレイミド、N−フェニルマレイミド、N−メチルフェニルマレイミド、N−クロルフェニルマレイミドから選ばれる少なくとも一種の単量体単位(ただし、芳香族ビニル単量体単位、(メタ)アクリル酸エステル単量体単位、不飽和ジカルボン酸無水物単量体単位及び共重合可能なビニル単量体の合計を100質量%とする)からなり、重量平均分子量(Mw)が10〜20万である塩化ビニル樹脂耐熱改質用共重合体5〜50質量%と塩化ビニル樹脂50〜95質量%からなる樹脂組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【否】

アピール情報

アピール内容 耐熱性と光学特性等の物性バランスに優れた透明樹脂組成物に関する特許です。

登録者情報

登録者名称 デンカ株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT