表示装置用部材の製造装置及び製造方法

開放特許情報番号
L2022001555
開放特許情報登録日
2022/10/5
最新更新日
2022/10/5

基本情報

出願番号 特願2013-267995
出願日 2013/12/25
出願人 芝浦メカトロニクス株式会社
公開番号 特開2015-125191
公開日 2015/7/6
登録番号 特許第6244199号
特許権者 芝浦メカトロニクス株式会社
発明の名称 表示装置用部材の製造装置及び製造方法
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 表示装置用部材を製造する技術
目的 ワークの位置決めにエラーが生じた場合であっても、周囲の清浄度を高く維持しながら、効率の良い積層を行うことができるとともに、ワーク及び貼着材の無駄を抑えることができる表示装置用部材の製造技術を提供する。
効果 ワークの位置決めにエラーが生じた場合であっても、周囲の清浄度を高く維持しながら、効率の良い積層を行うことができるとともに、ワーク及び貼着材の無駄を抑えることができる。
技術概要
搬入搬出ポジション1A、塗布ポジション1C、重ね合わせポジション1Dを間欠回転するターンテーブルに複数設けられ、ワークS1、S2を保持する保持装置2、ワークS1を位置決めする位置決め部による位置決め前に、ワークS1、S2の相対位置を検出する検出装置、検出ができた場合に、ワークS1に接着剤を塗布し、検出ができなかった場合に、接着剤を塗布しない塗布装置、接着剤の塗布の有無にかかわらず、ワークS1、S2を重ね合わせる押圧装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT