ブレーキ制御装置及びブレーキ制御方法

開放特許情報番号
L2022001533
開放特許情報登録日
2022/9/29
最新更新日
2022/9/29

基本情報

出願番号 特願2019-214427
出願日 2019/11/27
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2021-084517
公開日 2021/6/3
発明の名称 ブレーキ制御装置及びブレーキ制御方法
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ブレーキ制御装置及びブレーキ制御方法
目的 より有効にブレーキを動作させることが可能なブレーキ制御装置及びブレーキ制御方法を提供する。
効果 過去のブレーキ制御の状況を反映させつつ、推定された接線力と検出されたすべり率とを用いてブレーキを制御することで、より有効にブレーキを動作させることができる。
技術概要
鉄道車両のブレーキを制御するブレーキ制御装置において、
移動する鉄道車両における減速度と鉄道車両におけるブレーキ力に基づいて推定される接線力に対応する接線力係数と、鉄道車両におけるすべり率と、の関係を示すすべり率−接線力係数統計データを、接線力係数について予め設定された一又は複数の接線力閾値と、すべり率について予め設定された一又は複数のすべり率閾値と、を用いて複数に分類して得られる分類すべり率−接線力係数統計データを記録する第1記録手段と、
分類すべり率−接線力係数統計データごとに予め設定されているブレーキ動作を示す動作データを記録する第2記録手段と、
ブレーキを制御するタイミングにおける減速度及びブレーキ力に基づいて、タイミングにおける接線力を推定する接線力推定手段と、
タイミングにおけるすべり率を検出するすべり率検出手段と、
推定された接線力と、検出されたすべり率と、記録されている分類すべり率−接線力係数統計データと、動作データと、に基づいて、タイミングにおけるブレーキ動作を決定し、決定されたブレーキ動作によりブレーキを制御する制御手段と、
を備えることを特徴とするブレーキ制御装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT