接着剤塗布装置、接着剤塗布方法、表示装置用部材の製造装置及び表示装置用部材の製造方法

開放特許情報番号
L2022001524
開放特許情報登録日
2022/9/28
最新更新日
2022/9/28

基本情報

出願番号 特願2014-171102
出願日 2014/8/26
出願人 芝浦メカトロニクス株式会社
公開番号 特開2015-085317
公開日 2015/5/7
登録番号 特許第6275589号
特許権者 芝浦メカトロニクス株式会社
発明の名称 接着剤塗布装置、接着剤塗布方法、表示装置用部材の製造装置及び表示装置用部材の製造方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、接着・剥離、材料・素材の製造
適用製品 接着剤塗布技術及び表示装置用部材の製造技術
目的 ワークに塗布された接着剤の部分的な仮硬化状態の変動を抑制し、貼り合わせ品質の低下を防止できる接着剤塗布装置及び接着剤塗布方法を提供し、さらに、高い貼り合せ品質の表示装置用部材を製造する製造装置及び製造方法を提供する。
効果 ワークに塗布された接着剤の部分的な仮硬化状態の変動を抑制し、貼り合わせ品質の低下を防止できる。
技術概要
表示装置を構成する一対のワークの少なくとも一方に対して、エネルギーの照射により硬化する接着剤を塗布する接着剤塗布装置において、
前記ワークに対して相対移動しながら、前記接着剤を前記ワークに塗布する塗布部と、
前記塗布部による前記接着剤の塗布の開始端から終了端にかけて前記ワークに塗布された前記接着剤にエネルギーを照射する照射部であって、前記接着剤の塗布の終了端近傍での前記塗布部と前記ワークとの相対移動の速度の変化に応じて、前記ワークに塗布された前記接着剤に対する単位面積当たりの照射エネルギー量が一定となるように、エネルギーを照射し、前記接着剤を流動が抑制され、かつ、クッション性および接着性が維持された状態に仮硬化させる照射部と、
を有することを特徴とする接着剤塗布装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT