測定装置

開放特許情報番号
L2022001518
開放特許情報登録日
2022/9/22
最新更新日
2022/9/22

基本情報

出願番号 実願2021-001632
出願日 2021/4/30
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
登録番号 実用第3232951号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 測定装置
技術分野 土木・建築、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 測定装置
目的 分岐器のトングレールの先端部と基本レールの密着度を適切に測定可能な測定装置を得る。
効果 密着度による密着力の間接測定において、測定結果の精度が高まるため、密着力が過大となることによる転換不能や、転てつ装置や分岐器の構成部材への過大な力や応力の作用を防ぐことができる。
従来は密着度測定器の扱い者と鉄片の扱い者の2名が必要であったが、鉄片扱い者は不要となるため、1名で測定を行うことが可能である。
技術概要
列車の進路を選択する分岐器のトングレールの先端部と基本レールの密着度を測定するために、隙間を押し広げる機器により開かれた前記トングレールの先端部と基本レールとの開口量が密着度測定のための所定の開口量であることを検出する測定装置において、
前記基本レールの上面に取り付け取り外しが可能に固定され土台となる筐体部と、
前記筐体部に取り付けられ、基本レールの上面に平行方向の前記トングレールの先端部と前記基本レールの前記上面に平行な相対変位を測定するセンサ部と、
前記センサ部の出力を処理する処理部と、
前記処理部により処理した情報を提示する提示部と、を備えたことを特徴とする測定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT