表示画像処理システム及び表示画像処理装置

開放特許情報番号
L2022001460
開放特許情報登録日
2022/9/13
最新更新日
2022/9/13

基本情報

出願番号 特願2020-205631
出願日 2020/12/11
出願人 学校法人金沢工業大学
公開番号 特開2022-092747
公開日 2022/6/23
発明の名称 表示画像処理システム及び表示画像処理装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 表示画像処理システム及び表示画像処理装置
目的 Web会議システム等を利用するユーザ同士が容易に視線を合わせてコミュニケーション可能な表示画像処理システム及び表示画像処理装置の提供。
効果 ユーザがカメラではなく表示画面を視たままの状態で、まるで表示画面内に設けたカメラを視ているような画像を仮想的に作成できるため、Web会議システム等を利用するユーザ同士の視線を合わせた対話を容易に可能とする。
技術概要
表示画面を視るユーザを複数のカメラから撮影して複数の撮影画像を取得する撮影画像取得手段と、
前記複数の撮影画像から前記ユーザの立体情報を取得する立体情報取得手段と、
前記立体情報から前記表示画面を視るユーザの正面画像を作成する画像作成手段と、
前記正面画像を表示画面に表示するように制御する表示制御手段と、
を備えることを特徴とする表示画像処理システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT