学習モデル生成方法、蓋然性判定方法及び判定装置

開放特許情報番号
L2022001450
開放特許情報登録日
2022/9/14
最新更新日
2022/9/14

基本情報

出願番号 特願2020-042629
出願日 2020/3/12
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2021-142872
公開日 2021/9/24
発明の名称 学習モデル生成方法、蓋然性判定方法及び判定装置
技術分野 輸送、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 運転士が停止すべき駅の定位置を超過したエラー運転を行う蓋然性を判定する蓋然性判定方法
目的 記録・蓄積された運転情報を用いて、個々の運転士のエラー事象の発生可能性を予測する技術を提供する。
効果 運転情報記録装置により記録・蓄積された運転情報を用いて、運転士個々のエラー事象の発生可能性を予測することが可能となる。
技術概要
停止すべき駅の定位置を超過したエラー運転を、所定期間の間に行ったことの無い第1分類運転士と、行ったことの有る第2分類運転士とについて、当該所定期間の間に当該駅に停止する際に行った複数の運転情報の統計データである運転士別運転データ、及び、当該運転士の運転経験情報を取得することと、
前記運転士別運転データと、当該運転士別運転データが前記第1分類運転士の情報か前記第2分類運転士の情報かを示す運転士識別情報と、当該運転士別運転データに係る運転士の前記運転経験情報とを教師データとして、所与の運転士の運転士別運転データ及び運転経験情報が入力されたときに、当該所与の運転士が前記第1分類運転士又は前記第2分類運転士に該当する可能性を示す予測値を出力する機械学習モデルを生成することと、
を含む学習モデル生成方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT