レール破断の検知装置及びレール破断の検知方法

開放特許情報番号
L2022001377
開放特許情報登録日
2022/9/7
最新更新日
2022/9/7

基本情報

出願番号 特願2020-087886
出願日 2020/5/20
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2021-181283
公開日 2021/11/25
発明の名称 レール破断の検知装置及びレール破断の検知方法
技術分野 輸送、土木・建築
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 レール破断を車両側から検知させるレール破断の検知装置及びレール破断の検知方法
目的 レール破断を車両側から検知させることが可能なレール破断の検知装置及びレール破断の検知方法を提供する。
効果 2つの集音部を備えた車両をレールに沿って走行させて音データを取得し、測定された2つの位置の音データを使用することでレール破断の有無を判定する。すなわち、地上側に何の設備を設けなくても、レール破断を車両側から検知させることができる。
技術概要
軌道を構成する一対のレールに生じるレール破断を車両側から検知させるレール破断の検知装置であって、
車両の第1のレール側に取り付けられる第1集音部と、
前記車両の第2のレール側に取り付けられる第2集音部と、
前記第1集音部及び前記第2集音部によって測定された音データを記録する記憶部と、
前記第1集音部による第1音データ及び前記第2集音部による第2音データに基づいてレール破断の有無を判定する破断判定部とを備え、
前記破断判定部では、前記第1音データ又は前記第2音データから発生源の音の大きさを求めるとともに、前記発生源の音から推定された前記第2集音部又は前記第1集音部の位置の推定音を前記第2音データ又は前記第1音データと比較することでレール破断を判定することを特徴とするレール破断の検知装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT