イメージセンサ装置

開放特許情報番号
L2022001365
開放特許情報登録日
2022/9/2
最新更新日
2022/9/2

基本情報

出願番号 特願2020-010987
出願日 2020/1/27
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2021-118453
公開日 2021/8/10
発明の名称 イメージセンサ装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 イメージセンサ装置
目的 薄型化が図れると共に、高い組み立て精度が求められるのを抑制可能なイメージセンサ装置を提供する。
効果 装置全体の薄型化を可能にし、更に、高い組み立て精度の要求を抑制可能である。
技術概要
それぞれ光を検出して信号を出力する複数の画素が平面状に配された画素配列領域を設けたイメージセンサチップと、
遮光性を有し、一側が開口した容器状に形成され、前記イメージセンサチップの前記画素配列領域の外側の枠状領域に開口側が密着し、他側と前記画素配列領域の間に空間を設けて該画素配列領域を覆う半導体光学チップとを備え、
前記半導体光学チップの他側には、該半導体光学チップ内に光を取り込む貫通孔が形成されていることを特徴とするイメージセンサ装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT