気泡もしくは介在物又は双方の除去装置

開放特許情報番号
L2022001364
開放特許情報登録日
2022/9/2
最新更新日
2022/9/2

基本情報

出願番号 特願2021-096019
出願日 2021/6/8
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2021-137875
公開日 2021/9/16
発明の名称 気泡もしくは介在物又は双方の除去装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 導電性流体から気泡及び/又は介在物を取り除く除去装置
目的 電磁ブレーキを作用させた導電性流体から気泡及び介在物の一方又は双方を安定的に取り除く除去装置を提供する。
効果 収容体に対し第1、第2の印加部を昇降させるので、電磁ブレーキを作用させた導電性流体から気泡及び介在物の一方又は双方を安定的に取り除くことが可能である。
技術概要
収容体に入れられて流れが生じている導電性流体から気泡及び介在物の一方又は双方を取り除く除去装置であって、
前記収容体を間に挟んで鉛直方向に非平行な向きに間隔を空けて配された第1、第2の印加部を有し、該第1の印加部から該第2の印加部に向けた直流磁場を発生させて、前記導電性流体中に該導電性流体の流れを抑制するブレーキ領域を設けるブレーキ発生手段と、
前記収容体に対し前記第1、第2の印加部を昇降させて前記ブレーキ領域を上下動させる昇降手段とを備え、前記ブレーキ領域内にある前記気泡及び前記介在物の一方又は双方の全てを、該ブレーキ領域の上昇又は下降によって、該ブレーキ領域外に位置させて、該気泡及び該介在物の一方又は双方の上昇の抑制を解除することを特徴とする気泡又は介在物もしくは双方の除去装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT