水中観測システム及び水中観測方法

開放特許情報番号
L2022001362
開放特許情報登録日
2022/9/2
最新更新日
2022/9/2

基本情報

出願番号 特願2020-090766
出願日 2020/5/25
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2021-187174
公開日 2021/12/13
発明の名称 水中観測システム及び水中観測方法
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 水中観測システム
目的 自己位置推定、軌道計画、位置制御といったAUVに必要不可欠なプロセスを行うことなく、推力の制御だけで低リスク(紛失するリスクが少なく、紛失しても開発コストの損害を最小限に抑えられる)且つ広範囲に渡り水中を長期間観測することを可能とする水中観測装置及び水中観測方法を提供する。
効果 自己位置推定、軌道計画、位置制御といった高度な制御を行うことなく、推力の制御だけで低リスク且つ広範囲に渡り水中を長期間観測することができる。
技術概要
水中を推進しながらセンサからの情報を収集する水中推進装置と、
水底に固定して立設され、前記水中推進装置が駆動するための電力を供給する電力供給手段を含む水中基地局と、
前記水中推進装置と前記電力供給手段とを連結する電力ケーブルとを備え、
前記水中推進装置の推進方向に応じて前記水中基地局に配設されたリールに前記電力ケーブルが巻き付き又は巻き出しされることを特徴とする水中観測システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT