結露実験装置

開放特許情報番号
L2022001328
開放特許情報登録日
2022/8/29
最新更新日
2022/8/29

基本情報

出願番号 特願2020-106055
出願日 2020/6/19
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2022-000622
公開日 2022/1/4
発明の名称 結露実験装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 結露実験装置
目的 一方向に延びる筒状の管体の内空にそれに沿った気流が形成されているような場合においても、結露現象を再現させることができる結露実験装置を提供する。
効果 一方向に延びる長尺の管体部を実験対象として、その内空に一方向の気流を再現できるとともに、管体部の内外に安定した温度差を設定することができる。
技術概要
一方向に延びる筒状の管体の壁面に発生する結露を再現させるための結露実験装置であって、
実験対象をモデル化した長尺の管体部と、
前記管体部の内空に一方向の気流を形成するための内空用気体供給装置と、
前記管体部の外周側を囲むように気体が流入する間隔を置いて設けられる外殻部と、
前記管体部と前記外殻部との間に前記気流の温度と温度差のある外周用気体を供給する外周用気体供給装置とを備え、
前記管体部の第1端部に接続された前記内空用気体供給装置から供給された内空用気体は第2端部から排出されるとともに、前記外周用気体は前記第1端部の近傍から供給されて前記第2端部の近傍から排出されることを特徴とする結露実験装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT