表示素子及びこれを用いた表示装置

開放特許情報番号
L2022001311
開放特許情報登録日
2022/8/26
最新更新日
2022/9/8

基本情報

出願番号 特願2020-504992
出願日 2019/3/1
出願人 国立大学法人千葉大学
公開番号 WO2019/172139
公開日 2019/9/12
発明の名称 表示素子及びこれを用いた表示装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 表示素子
目的 透明、複数色の発色、発光状態を可逆的に変化させることができる表示素子を提供する。
効果 初期状態における高い透過率を示す点や、素子の反射率のコントラスト比が高い点で顕著な効果がある。さらに、2枚のITO電極等の透明電極で電解液を挟み込んだ構造であるため、素子製造面でも有利である。
技術概要
第1の電極と、第2の電極と、第1の電極及び第2の電極の間に保持された電解液と、第1の電極と第2の電極の間に電圧を印加することができる電圧印加手段とを備え、前記電解液は、エレクトロクロミック材料及び青色発光材料を含有する表示素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 千葉大学「学術研究・イノベーション推進機構」をご紹介します。
産学連携に必要な機能・専門人材の集約により、イノベーションの創出、地域・産業の活性化に寄与することを目的に設立されました。ご要望・案件ごとに専門人材がサポートいたします。

https://imo.chiba-u.jp/

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT