水素ガス生成方法、水素ガス生成システム、並びに、水素ガス及びメタン生成システム

開放特許情報番号
L2022001261
開放特許情報登録日
2022/8/17
最新更新日
2022/8/17

基本情報

出願番号 特願2020-503530
出願日 2019/2/26
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 WO2019/167956
公開日 2019/9/6
発明の名称 水素ガス生成方法、水素ガス生成システム、並びに、水素ガス及びメタン生成システム
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 水素ガス生成方法、水素ガス生成システム、並びに、水素ガス及びメタン生成システム
目的 水素資化性メタン生成菌阻害剤を使用しなくても、水素発生型発酵細菌及び水素資化性メタン生成菌を含む反応液から水素ガスを効率よく生成する方法を提供する。
効果 水素資化性メタン生成菌阻害剤を使用しなくても、水素発生型発酵細菌及び水素資化性メタン生成菌を含む反応液から水素ガスを効率よく生成する方法を提供することができる。
技術概要
有機物、水素発生型発酵細菌及び水素資化性メタン生成菌を含む反応液を準備する準備ステップと、
前記水素資化性メタン生成菌の活性ピーク温度T+5℃以上T+10℃以下の温度で、前記水素発生型発酵細菌により前記反応液を発酵させて水素ガスを生成する生成ステップと、を備え、
前記準備ステップにおいて、堆積層の帯水層に由来し、前記水素発生型発酵細菌及び前記水素資化性メタン生成菌を含む地下水に、前記有機物を添加することにより、前記反応液を準備する、水素ガス生成方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT