レクテナ装置及びレクテナ装置を設計する方法

開放特許情報番号
L2022001173
開放特許情報登録日
2022/8/8
最新更新日
2022/8/8

基本情報

出願番号 特願2019-169281
出願日 2019/9/18
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2021-048680
公開日 2021/3/25
発明の名称 レクテナ装置及びレクテナ装置を設計する方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 レクテナ装置及びレクテナ装置を設計する方法
目的 特殊な素子及び複雑な回路構成の採用することなく、電力変換効率を向上可能なレクテナ装置及び当該レクテナ装置を設計する方法を提供する。
効果 特殊な素子や複雑な回路構成の採用することなく、電力効率を向上可能なレクテナ装置及び当該レクテナ装置を設計する方法が提供される。
技術概要
電波を受けて交流電力を発生するアンテナ部と、
前記アンテナ部に接続される整合部と、
互いに直列に接続された複数のダイオードを有すると共に前記整合部に接続され、前記アンテナ部から提供される前記交流電力を整流する整流部と、を備え、
前記整流部は、互いに直列に接続された第1ダイオード及び第2ダイオードを少なくとも有し、
前記アンテナ部が出力する電力に対して前記整流部が出力する電力の比率は、前記アンテナ部が出力する電力に対して前記第1ダイオードのみを有する基準整流部が出力する電力の比率よりも、大きい、レクテナ装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT