系統連系インバータシステムの制御方法

開放特許情報番号
L2022001119
開放特許情報登録日
2022/7/29
最新更新日
2022/7/29

基本情報

出願番号 特願2020-180180
出願日 2020/10/28
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2022-071296
公開日 2022/5/16
発明の名称 系統連系インバータシステムの制御方法
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 系統連系インバータシステムの制御方法に関し、特に、フィードバック制御系、フィードフォワード制御系およびドループ制御系を含んだ制御系を用いて該システムを構成するインバータを制御する方法
目的 簡潔な制御系を用いた系統連系インバータシステムの制御方法を提供する。
効果 簡潔な制御系を用いた系統連系インバータシステムの制御方法を提供することができる。
技術概要
フィードバック制御系、フィードフォワード制御系およびドループ制御系を含む制御系を用いて、三相の系統連系インバータシステムを構成するインバータをαβ座標系で制御する方法であって、
制御系設計工程と、
インバータ制御工程と
を備え、
制御系設計工程は、
フィードバック制御系を構成する正弦波補償器を設計する第1工程と、
フィードバック制御系だけを含む制御系で制御した場合のインバータの出力インピーダンスの周波数特性を求める第2工程と、
インバータが受動的となるようなフィードフォワード制御系の伝達関数を設計する第3工程と、
インバータの応答特性に留意しながら、ドループ制御系を設計する第4工程を含み、
インバータ制御工程は、
三相の電流および電圧の瞬時値を取得する第5工程と、
αβ座標系の電流および電圧をαβ変換により求める第6工程と、
ドループ制御系によりフィードバック制御系に対するαβ座標系の電圧指令値を求める第7工程と、
第7工程S7で求めた電圧指令値に基づき、αβ座標系の制御入力を求める第8工程と、
三相の制御入力を逆αβ変換により求める第9工程とを含む
ことを特徴とする方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT