分散性窒化炭素の製造方法、これを用いた窒化炭素分散液の製造方法及び発光素子の製造方法

開放特許情報番号
L2022001115
開放特許情報登録日
2022/7/29
最新更新日
2022/7/29

基本情報

出願番号 特願2020-095220
出願日 2020/6/1
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2021-187709
公開日 2021/12/13
発明の名称 分散性窒化炭素の製造方法、これを用いた窒化炭素分散液の製造方法及び発光素子の製造方法
技術分野 化学・薬品、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 窒化炭素が分散媒中に分散された分散性窒化炭素の製造方法、これを用いた窒化炭素分散液の製造方法及び発光素子の製造方法
目的 分散媒(例えば、メタノールなど)にも分散させることができ、ウェットプロセスでの成膜が可能であり、発光素子への利用に適した分散性窒化炭素の製造方法と、これを用いた窒化炭素分散液や発光素子の製造方法を提供する。
効果 分散媒(例えば、メタノールなど)にも良好に分散可能な分散性窒化炭素を製造することができ窒化炭素が良好に分散した窒化炭素分散液を作製することができるとともに、ウェットプロセスでの成膜・発光素子への応用展開が可能となり、高真空不要、成膜装置が安価、成膜時間が短く、そして大面積化が可能といったメリットがあるため、生産性が高く製造コストも抑えることができる。
技術概要
尿素、(イソ)シアヌル酸及び/又はメラミンを原料として用い、当該原料を昇温速度30℃/分以上、加熱温度500℃以上で加熱する工程を含む、分散性窒化炭素の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT